2017年07月29日 (土) | 編集 |
今日は、主人は会社がお休みなので娘のお弁当だけ作りました。

シャケ弁当〜♪



横っちょにオクラ、ハンバーグ、ほうれん草のバター炒め
などが入っています。
シャケの下には焼きそばが隠れています。

シャケとオクラ以外は、冷食使っちゃってま〜す。




2017年07月29日 (土) | 編集 |

母をかかりつけの病院へ連れて行きました。
月一の定期検診です。
最近むくみが出てきていたので気になっていたのですが、大したことはないそうで安心しました。

10時頃から家を出て諸々の用事を済ませたら家に帰ってきたのが4時近くになってしまいました。
家に帰ってきたら睡魔に襲われ1時間くらい寝てしまいました。

東京に出張していた主人がお土産に崎陽軒のシウマイ弁当を買ってきてくれるという連絡が入ったので
ちょうどいいタイミングで夕飯を作らずにすみました。




シウマイ弁当、美味しいです!^^

2017年07月27日 (木) | 編集 |
こんなこともあるんですね

実は・・・

パンツを2枚履いてました〜

おパンツ2枚!

なんでこんなことに?


このところ暑いので夜、「パ」を履かないでパジャマを着ていたんです。
これがなかなか気持ちがいいものでストレスフリーで気に入っていました。

で、朝、着替えをした時にその日は「パ」を履いていたのに「パ」を履いてないものと思い込んだ私は
ダブルで「パ」を履いてしまったのですね〜〜〜

そんなことあるか?とお思いでしょうが、実際あったわけですね〜〜〜

朝なのでバタバタ忙しくしている時なので他の考え事でもしていたんだと思います・・・

ウケる!( *^艸^)

あ〜、でも老化現象だとしたらやばい! (>▽<;;


2017年07月27日 (木) | 編集 |
先日、父の命日に母と一緒にお墓まいりに行ってきました。

セミ好きの私に父からのプレゼントでしょうか?

お墓の隅っこにちょこっとセミの抜け殻が



父の笑った顔が思い浮かびました。

2017年07月23日 (日) | 編集 |

先日、実家から帰ろうと玄関を出た時のこと
道路を挟んだその先に少年がいてちょうど何かを捕まえたところを目撃した。
何だ?一体何捕まえたんだ?
その何かが知りたくて思わず呼びかけてしまった。
「何か捕まえたの?」
少年は私の方を振り返り私に向かってその手を掲げた。
手にははっきりしないが小さな生き物が見える。
「見せてもらっていい?」と
私が近づいていくとその子もこっちに寄って来てくれた。

その子が差し出した生き物を見てちょっとびっくりした。
と言うのも私は今までこの生き物とこの場所で遭遇したことがなかったからだ。
あなたこんなところにいたの?って感じ
もしかして自然界にいるやつは初めて見たかもしれない。
多分初めてだと思う。 …けどな?

名前の見当はついたけれど私はあえて少年に尋ねる
「これは何?」

少年はヤモリだよと教えてくれた。

「すごいね〜おばちゃんこんなの初めて見たよ」

ヤモリはまるでワニの赤ちゃんかと思うような風貌だった。

少年は小学3年生ぐらいだろうか
ヤモリを扱うその手はすごく慣れていた。

ハエを食べるんだと教えてくれる。

ヤモリがウンチを出した。
ヤモリはすぐウンチを出すんだよねと言ってそのウンチを葉っぱで拭う
話をしてる間、3、4回はウンチをしたけどその都度拭っていた。
手馴れている。

写真撮っていい?と聞くと
いいよと言って足元に放してくれた。


ヤモリ1


IMG_0282_convert_20170723193638.jpg



スタスタ動くので逃げちゃわないか心配になると
大丈夫だよという。
扱いに慣れていて感心する。

手に持ったところも写真に撮らせてもらった。

IMG_0289_convert_20170723192958.jpg




IMG_0287_convert_20170723191740.jpg
     ピンボケで分かりづらいがワニみたいな顔

そうこうしてたら突然尻尾が切れる。

IMG_0290_convert_20170723192304.jpg

            真ん中あたりのくるくるっとしているのが切れた尻尾

とかげ特有のやつだね。
ヤモリだって逃げたくて必死だ。

尻尾はすぐ切れるんだよと少年は言う。
そして地面に落ちたまだくねくねと動いている尻尾を拾うと
引っ張って切って見せてくれた。

おいおい少年!内心、ヒエ〜と思いながらもそのサービス精神?に
「ほんとだね」と私は目を見張った。

家に持って帰って飼うの?と聞いたら
しばらくしたら最後は逃がすと言っていた。

「本当にいいもの見せてもらった!ありがとうね!」とお礼を言うと
「さようなら」と丁寧な挨拶が返ってきた。