2017年08月10日 (木) | 編集 |
コンビニから出て来た時のこと

スタスタと少し歩いたところで駐車場に止めていた車がブッ!ブッ!とクラクションを鳴らした。
何かあったのかなと振り返って見たら

あらやだ、私の帽子が落ちている。

(うおぉー、私かい!)

バックにちょこっと引っ掛けていたので落ちてしまったようだ。
ちっとも気がつかなかった。

クラクションを鳴らしてくれた運転手の方を見る

軽トラに乗ったおじさんだった。

エアコンを効かせた車の中で何か食べている。

おじさんに向かって手をあげ帽子を拾う。

(サンキュー、おやじさん!、ありがとうございました。)

私は心を込めてお辞儀をした。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック